参加ガイド

キッズゲルニカ京都プロジェクトは、京都の子どもたちが中心になって描く「平和の壁画」を中心に、日本各地から、また世界から集まるキッズゲルニカで京都の街を飾り、 市内を『街ミュージアム』にしよう!  という展示プロジェクトです。

学校やコミュニティのある通りや街角から、それぞれ個性豊かなメッセージが発信される『街ミュージアム』にふるってご参加ください! 
地域の人たちはもちろん、京都の街を訪れる人たちと一緒に楽しみましょう!

1

『街ミュージアム』に参加する 3 つの Style

​描こう!

style1

描くだけの参加

描くことだけにチャレンジする参加です。展示場がなくても構いません。

​完成した作品は、他の学校やコミュニティ、公共施設などに展示します。

描いて飾ろう!

style2

描いて、飾る参加

描いた作品を、自分たちの学校やコミュニティの玄関、門壁などの最適な場所に飾って展覧会をします。

​さらに、国内や海外から来た作品を併設して飾る事もできます。

​飾って伝えよう!

style3

​飾るだけの参加

国内や海外から来た作品を展示して飾るスタイルです。国内外の子どもたちのキッズゲルニカの想いを受け取って発信する素晴らしい機会になります。

2

キッズゲルニカ、チャレンジするにあたって

取り組み年齢について

3 歳児くらいから取り組むことができますが、特に低年齢児・低学年児の場合は、保育者や先生、保護者のサポート、理解が必要となります。

準備について

○絵の具
屋外展示にも対応できる耐水性のものを選んでください。
※その他、筆及び刷毛などの描画材料・備品については、 年齢や取り組む人数など、それぞれの環境に合わせてご用意ください。

○キャンバス
キッズゲルニカ用既成品キャンバスが販売されています。キッズゲルニカ HP にも掲載していますが、一般 HP の検索からでも販売店を探すことができます。
※用意できれば、市販品の物でなくても構いません。

絵画活動について

キッズゲルニカの約束は2 つです。

ピカソと同じゲルニカサイズ (縦 3.5m× 横 7.8m)に平和の絵を描きましょう。

ゲルニカ』はパブロ・ピカソが1937 年、スペイン市民戦争のときに起きた爆撃の残虐さに抗議して制作したものです。

キッズゲルニカの絵を描き進めるにあたってはこの2 つの約束があるだけです。
道のりも完成も、100 のチャレンジがあれば100 の子どもたちみんなの思いやメッセージが表現されていてよいでしょう。


かつての子どもたちが取り組んだ、キッズゲルニカの活動を紹介しましょう。

アメリカから日本の子どもたちに届けるのは?そんな呼び掛けからです。

貧しい地域に住むアフリカンアメリカンの子どもたち、そしてハンディキャップのある子どもたちも周りをいっしょに描きました。

平和の贈り物

米国フロリダ州タラハシー

1995

キッズゲルニカ最初の壁画。キャンバスはゲルニカサイズに縫い合わせたものです。子どもたちとの話し合いの結果、日本の子どもたちに平和の贈りものを届けようということになりました。小学校の副読本になっている「TAR BEACH」から構図を考えました。

手をつなぐ子どもたち

イスラエル・ネペシャローム・ワハト・アッサラーム

2011

平和のオアシスという名前の小学校です。パレスチナの子ども15 人とイスラエルの子どの15 人で編成された1 クラス。子どもたちはそれぞれアラビア語、英語、ヘブライ語を学んでいるせいか、コミュニケーションはさまざまです。この絵は6 年生30 人で描きました。真ん中にパレスチナとイスラエルの国旗。
手をつなぐ子どもたち。そして周辺には思い思いの平和のイメージを描いています。

ここで美術を教えるマリア先生は英語とアラビア語で子どもたちと接します。

ここでは人種や言葉を越えて、みんながそれぞれの気持ちを受容し、尊重し協力し合っています。子どもと子ども、先生は信頼でつながっています。

『街ミュージアム』参加応募用紙のダウンロードはこちらのアイコンをクリックしてください。

CONTACT

キッズゲルニカ京都プロジェクト

Copyright © 2018 キッズゲルニカ関西 All Rights Reserved.

<<このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。>>

キッズゲルニカ関西 

代表 阿部寿文

Toshifumi Abe 

mail:abe4211@me.com

〈後援〉

京都市・京都市教育委員会

 

〈協力〉

文化庁地域文化創生本部

 

〈協賛〉

上羽絵惣株式会社 株式会社サクラクレパス

株式会社サンエムカラー 株式会社サンワクラフテリオ

京都精華大学 日本文教出版株式会社

 

〈特別協力〉

京都駅ビル開発株式会社

「街ミュージアム」facebook
「街ミュージアム」インスタグラム